STACK HOUSE

次世代カルトワインの担い手モンテッシェリ夫妻が作るアーバンエントリーワイン

アンナ モンテッシェリのワインとの旅は、カリフォルニア大学デイビス校でブドウ栽培と醸造を学んだところから始まりました。4学年目は、フランスのソルボンヌで学びました。

彼女は、カリフォルニアで学位を取得した後、再びフランスへ戻り、シュヴァル・ブランの2000年ビンテージの醸造に関わりました。これは、彼女がボルドーでもっとも有名な葡萄の醸造家であり、当時シュヴァル・ブランの技術ダイレクタをしていたキー・ヴァン・リーウェン教授と一緒に働く事を強く望んだ結果でした。

アンナは再びナパバレーに戻り、シーベイ ヴィンヤードのアシスタントワインメーカーを2年間勤めました。その後、カルトワインの牽引者とも呼ばれるブライアントファミリーヴィンヤードで、5年間を過ごしました。

2007年 アンナはピーニャ ナパ バレー ワイナリーのワインメーカーに就任しました。彼女は、現在その場所で、自分のブランドワインである、イラリア、セルジオワインを作っています。

マリオ モンテッシェリは、ワイン作りに4世代にわたり携わる家庭に生まれました。マリオの父親はイタリアからカリフォルニアへ移住しまし、40年以上、ガロのワイン作りに携わりました。彼は、マリオがまだ子供の頃から、ワインビジネスに触れさせ、彼がそのビジネスへ入る情熱を芽生えさせました。

 

マリオもまた、カリフォルニア大学デイビス校でブドウ栽培と醸造を学びました。

彼は、まずイタリア トスカーナ州のヴィラ・アンティノリでワイン醸造の腕を磨きました。その後、ナパバレーで著名なワインメーカーである、フィリップメルカのアシスタントワインメーカーとして4年を過ごしました。

その後、キホーテ・ワイナリーでワインメーカーに就任し3年を過ごした後、トリンチェロ・ナパ・バレー ワイナリーのワインメーカーに2007年より就任しています。

我々は、人生は毎日をエンジョイ

テーブルを囲む椅子に座り、テーブルには美味しい食事と名高いワイナリーで作られた素晴らしいワイン。

 

2016年にワインアドバケートにおいて、2014 スタックハウス ナパバレー カベルネソービニオンは、ロバートパーカーから、最もコストバリューがあるワインの3本のうちの1本だと評価を受けました。

 

スタックハウスは、親しみ易いスタイルを目指しています。気兼ねなく、家族や友人達と楽しんで戴きたいワインです。

 

このワインが、美味しい食事と楽しい会話を盛り上げてくれることでしょう。

91 points – Jeb Dunnuck

90 points – The Wine Advocate

アンナの作る、ワインシリーズ。それぞれのエチケットを変えるのが、彼女のスタイル。デザインは、著名なデザイナーにお願いしているらしい。

Annaと、Ilariaの今年のビンテージのテースティング。今年は、新たにマルベックを輸入する事を決定。

ナパバレーの地図を見せながら、各ビンヤードの気候、土壌の違いを説明してくれるアンナ。この違いで出来る葡萄の特徴が現れる。ティスティングルームには、各ビンヤードの土のサンプル。

COPYRIGHT © FIVE TASTES TRADING ALL RIGHTS RESERVED.